近年の電子タバコについて

タバコというのは百害あって一利なしと昔から言われてきたように、健康被害もでるし近年の増税により金銭的な面での出費もとても大きな負担となってきています。こういったことから喫煙者の中には禁煙をしようとしている人や、試みた人も少なくはないはずです。しかし簡単に禁煙といってもタバコを辞めるのはそう簡単なことではありません。そういったときに役立つのが電子タバコです。一昔前の電子タバコだと、バッテリーの持ちも悪くすぐに壊れてしまうし、煙も一応でるとはいえタバコほどは出ないので吸っている気分にならないといったイメージがありました。しかし、近年の電子タバコはそうではありません。バッテリーの持ちも昔とは比べものにならないほど良くなったし、煙もたくさん出るようになりました。味もいろんな種類から選べるので飽きることもなく、禁煙したい人にはぴったりです。

電子タバコのメリットとは

現在タバコを吸っている人の多くは、一度くらいはタバコを辞めようとしたことがあるのではないでしょうか。健康的な問題もあれば、金銭的な問題、もしくは周りの人に禁煙しろと言われたという理由もあるはずです。しかし辞めようと決めてもそう簡単に禁煙できる人はいません。タバコのニコチンによる依存性はとても強いです。そんな時に役立つのが電子タバコです。少し前から注目を集めてはいますが、近年ではさらに電子タバコが進化していっています。目に見えてわかるメリットとして一番に挙げられるのがタバコを吸うよりも、経済的というところではないでしょうか。電子タバコもフィルターの交換などがありますが本物のタバコと比べたら長持ちするしとてもリーズナブルといえます。タバコを辞めることにより、服や部屋にタバコの匂いがつかないので周りからも好感を持たれるのもメリットです。

電子タバコにおける仕組み

電子タバコに関しては液体フレーバーを揮発させて水蒸気を吸引していくという器具であり、レッドブル味やアップル味、タバコ味などによるさまざまなフレーバーがあり、そんな電子タバコによるフレーバーについてはニコチンに関しては含まれていないために、禁煙中における補助用具としても使用されているのですが、ある大学がこれらによる液体フレーバーに含まれている成分について分析したところ、フレーバーに含まれている化学物質における濃度が人体にとっては安全ではない可能性が示されており、これらによるフレーバーに関しては25年以上における使用データが存在していないため、長期的な健康に対する影響に関しては詳しく分かっておらず、ポートランド州による研究者に関しては、これらにおけるメーカーについてはフレーバーに含まれている化学物質に関してラベルに正しく表示していき、気体中に含まれている化学物質による有害性や暴露限界値が周知していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*